アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ハープシコード通信
ブログ紹介
チェンバロ奏者 京谷政樹のブログです♪
zoom RSS

フィガロの結婚

2018/02/18 01:18
同志社女子大のオペラ公演「フィガロの結婚」が終わりました。

オペラは普段の演奏活動とは全く違う世界ですが、こうして今年も挑戦させて頂けて幸せでした!
何より全力頑張るキラキラした学生さんたちからたくさん元気を頂けました。

また、今回はマエストロや演出の先生に折に付けアドバイスを頂けたり、男性キャストの先生方とお話出来りと、嬉しいサプライズもありました!
来年もまた弾かせて頂ければいいなあ、と思います♪

皆さま、本当にお疲れ様でした!

(写真は終演後、マエストロと。)

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


同女のオペラ

2018/02/13 20:55
同志社女子大のオペラのお稽古も佳境に入ってきました!

昨年の公演ではオペラは何もかも初めて…
ギリギリのところで頑張っていた記憶があります。
けれど、今年は2度目!
「ちょっと余裕があるかな♪」と思っていました(過去形)

ところがところが、今朝、起きてみると…
三角コーナーに野菜くずと一緒に包丁が捨ててあったり(昨日、寝る前に朝食とお昼の準備をしました)、ヨーグルトの付け合わせに焼き肉ダレの瓶が出してあったり(ジャムの瓶と形は良く似ている!)
まあ、結局はこんなもんです(笑)

よい公演を目指して、気合を入れ直さねばと思います♪


画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ちょっとゆったり

2018/02/05 22:11
最近、お引越しなどでバタバタした毎日でしたが、昨日は家族とちょっとゆったり、食事に行ってきました。
三重県津市のフランス料理レストラン、ミュゼボンヴィヴァン。とっても美味しかったです♪

今週からは「フィガロの結婚」のために同志社女子大通いが始まります。美味しいものを頂いて、家族からも元気を貰ったので、連日のリハーサルも頑張りたいと思います!

画像


画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ありがとう!

2018/02/01 19:50
昨日、10年住んだお部屋をお返ししました。

大学進学を期に大阪に出て来て以来、僕と一緒に歩んでくれたお部屋でした。
この10年、「楽しいだけの日々」では決してなかっただけに、昨日はいろいろな思い出が頭をよぎり、なかなか感無量でした。
今はただ「10年間本当にありがとう!そして、早く、出来れば素敵な次の借主さんに巡り合いますように」という気持ちでいっぱいです。

そして、これからの新居での生活は「楽しいだけの日々」にしたいなあと思っております♪


画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


発表会

2018/01/18 15:04
昨日は、大阪音楽大学で副科チェンバロ(西洋古楽演奏演習)を学ぶ学生さんたちの発表会が行われました。

最初はチェンバロを弾いたことがなかった学生さんたちが、今や伸び伸びと自分の音楽を表現しておられる姿に、このところの忙しさも忘れて只々感動するばかりでした。

また、今回は私も飛び入り参加でクープランを弾かせて頂くことに!大学の発表会で演奏するのは何時振りだろう?(笑) とっても楽しく弾かせて頂きました。

皆さま、お疲れ様でした!



画像

最後まで残って片付け等を手伝ってくれた学生さん、ベテランの先生方と
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アントキのヴィヴァルディ祭り2018

2018/01/13 07:57
私が所属しているチェンバロ演奏グループ”Inventio”が、室内楽の演奏会に出演させて頂くことになりました。

曲目はオール・ヴィヴァルディです。協奏曲あり、声楽曲ありの楽しい演奏会ですので、どうぞ、お運びください。




画像





アントキのヴィヴァルディ祭り2018

【日時】2018年3月4日(日) 14時開演

【場所】中華会館 東亜ホール

【出演】
ヴァイオリン
磯辺 陽、上川忠昭、水口真緒、西村恵一、中鼻佐和、佐藤恵梨
ヴィオラ
岸野有加利、松井紀子
チェロ
森本耕太朗、伊賀亜紀
コントラバス
河野裕美
フルート
上島千佳
オーボエ
長島 徹、菱谷沙千子
ファゴット
田中香織
チェンバロ
京谷政樹、浜本佳世子、春本佳代、山賀智佳子
ギター
山田直樹
ソプラノ
無量井英美

【料金】2000円
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


明けましておめでとうございます

2018/01/05 10:18
新年あけましておめでとうございます。

2018年のお正月は実家でゆったりと過ごすことが出来ました。
また、恩師(中学高校時代のピアノの先生)とも、ゆっくりお茶をしながら積る話をさせて頂くことが出来ました。
思えば、この先生をはじめ、応援して下さる方々に支えられて音楽を続けることが出来ています。(演奏の機会を用意して頂いたり、チケットを買って演奏会に駆けつけて下さったり。あげればキリがありません!)
私も一人の音楽家として、様々な形で続く若い世代の皆さんを応援出来る自分でありたいと思います♪

というわけで、本年もよろしくお願いいたします。

画像

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


クリスマスコンサート

2017/12/25 07:55
昨日は津示路教会でのコンサートでした♪
一緒に演奏して下さった地元の先生とは久しぶりにいろいろなお話もすることが出来て、楽しい準備期間を過ごすことが出来ました。
そして迎えた当日は、お客様のクリスマスに音楽でいろを添えることができ、僕にとっても嬉しいひと時となりました。

今回のメインだったシューベルトの幻想曲 ヘ短調は、とても素敵な曲ですが奥が深い曲でもありますので、引き続き気長に(笑)勉強を続けてより良い演奏を目指したいと思っております。

それでは、皆さま、良いお年をお迎えください!

画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


音楽を楽しむ科

2017/12/05 14:48
少し前のことになりますが、12/1は高齢者大学・音楽を楽しむ科に呼んで頂き、たっぷりピアノ連弾を披露してきました。

膨大な曲数、慣れないピアノという楽器、度重なるリハーサル!
なかなか負担の大きい本番でしたが、皆さんからは好意的な感想も頂き、ほっと一息です。

普段演奏することのない作曲家の作品をたくさん勉強できたことも幸せでした。
音楽を楽しむ科の皆さん、貴重な機会をありがとうございました!


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第31回 同志社女子大学 「フィガロの結婚」

2017/11/26 12:14
今年も同志社女子大学のオペラ公演でセッコ(チェンバロ)を弾かせて頂けることになりました。
前回の公演も楽しい思い出ばかりです。今年も楽しみです。


第31回 同志社女子大学音楽学科オペラクラス公演「フィガロの結婚」

日時:2018年2月17日(土)14:00開演(13:30開場)
会場:新島記念講堂(同志社女子大学京田辺キャンパス内)
入場無料・事前申込不要

詳細はこちら↓
http://www.dwc.doshisha.ac.jp/faculty_dep_info/liberalarts/music/news/2017/31.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ピアノとバッハ

2017/11/06 19:05

少し前の話題ですが、11月3日(金)はピアノでバッハを弾いてきました。フランス組曲 第5番からの抜粋です♪

私見では、バッハの作品には、このフランス組曲のように、ピアノが非常に美しく響くものがあると思います。(逆にイギリス組曲のように、ピアノには合わない作品もあります。)
その美しさたるや、やっぱり、ピアノは楽器の王様ですね。ピアニストの方々には、是非、バッハを沢山弾いて欲しいなあ、と思わされた本番でした。

一方、早々にチェンバロが恋しくなっている自分は、やっぱりチェンバロ奏者だなあ、とも思った次第です(笑)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ランチコンサート

2017/10/30 12:07
先日10月28日は、チェンバロ演奏グループInentioのランチコンサートでした。

会場のパスタフルカフェ・マリアンさんの全面的なサポートと、お客さまの温かい応援のおかげで、無事、終演できました。ありがとうございました♪

今回のコンサートに際しては、久しぶりにW.バードに集中的に取り組むことが出来、とても幸せでした。
バードはバッハよりも150年程前のイギリスで活躍した作曲家で多くの素晴らしい鍵盤作品を残した人物です。
彼の作品からはいつも「音楽に対して心と耳を開くこと」要求され、なかなか一筋縄ではいきませんが、これからもライフワークとして取り組んでいきたいと思っています。

画像

*写真はマリアンさんのケーキ、デザート付きのランチもお客さまから大好評でした♪
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


峯本大地、京谷政樹 デュオ・リサイタル Vol.2

2017/10/23 07:44
昨年に引き続き、カウンターテナーの峯本大地さんと2度目のデュオ・リサイタルをさせて頂くことになりました。

前半はバロックの名歌選、後半はF.クープランのルソン・ド・テネブルを中心にフランスの作品をお聴き頂くプログラムです。

チェンバロ・ソロでは、L.クープラン&F.クープランという、叔父と甥、2人のクープランの作品をたっぷり演奏します。普段、演奏会でクープランの作品を弾いていませんので、今回はちょっとしたチャレンジです。その分とても楽しみです。

「バロック音楽の旅」どうぞご期待ください!


【追記(2018年1月24日)】
出演者の都合により、F. クープラン「ルソン・ド・テネブル 第2番」をG.F. ヘンデル「組曲 ト短調 HWV452」へ変更することとなりました。

画像


画像



峯本大地、京谷政樹 デュオ・リサイタル Vol.2
バロック音楽の旅

【日時】2018年3月30日(金) 19時開演

【場所】三重県文化会館 第1リハーサル室

【出演者】峯本大地(カウンターテナー)、京谷政樹(チェンバロ)
【賛助出演】上田牧子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

【曲目】
J.S.バッハ:あなたが傍にいれば
G.F.ヘンデル:愛しい森よ
H.パーセル:もし音楽が愛の糧なら
F.クープラン:ルソン・ド・テネブル 第2番
L. クープラン:組曲 ト短調(チェンバロソロ)ほか

【料金】2000円(当日2500円)
*チケットは三重県文化会館チケットカウンターでもお求め頂けます

【協賛】MUSAÏON演奏企画

【お問い合わせ】msjwes.2015@gmail.com


♪♪峯本さんと私の演奏をご試聴頂けます♪♪
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コンクール

2017/10/06 07:02
昨日は日本クラシック音楽コンクール 大阪本選(ピアノ部門)の審査に行ってきました。
コンテスタントの皆さんは、それぞれにいい演奏をしてらしたと思います。
いい演奏をたくさん聴かせて頂いて、私も「彼彼女たちが大人になった時、音楽家として羽いていける土壌を作っておくことは我々オトナの役目なんだろうなあ」と少し身の引き締まる思いでした!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


SAKAMOTO古楽コンソートの会

2017/10/02 00:42
昨日は《SAKAMOTO古楽コンソートの会 第22回発表会》へ、ガンバの部の伴奏をはじめお手伝いに行ってきました♪

沢山弾き、沢山笑い、沢山おしゃべりした、楽しい一日でした。古楽の集いには独特の温かい雰囲気があって「やっぱり好きだな」って思います。もっと古楽好きの輪が広がりますように。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Christmas Concert

2017/09/18 13:25
三重県津市の津示路教会で、クリスマスのイベントの一環としてミニ・コンサートさせて頂くことになりました。
素敵なチラシも作って頂きましたので、ご紹介させて下さい。

このコンサートでは、チェンバロではなくピアノを演奏します!
私はチェンバロが大好きですが、チェンバロのコンサートが難しい現場もあります。いつしか「そんな時には、そこにある楽器=ピアノを弾いてもいいんじゃない?」と思えるようになりました。ピアノは魅力あふれる楽器ですし♪
楽器が何であれ、音楽が生まれお客さまと分かち合えるのは、本当に素敵なことだと思います。

当日は、共演者さん、教会の皆さん、そしてお客さまとモーツァルトとシューベルトの音楽を楽しみたいと思います。

画像


Christmas Concert 京谷政樹&降旗明子


【日にち】2017年12月24日(日) 13時30分開演

【会場】日本キリスト教団 津示路教会

【入場料】無料

【出演者】京谷政樹、降旗明子

【プログラム】
W. A. モーツァルト:アンダンテと5つの変奏 K501
F. シューベルト:幻想曲 へ短調 D940, Op.103

【お問合せ】
津示路教会
HP:http://tsushilo246-ch.wixsite.com/246church



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ホームコンサート

2017/09/11 13:17
昨日は、かつて大阪音大で教鞭を取っていらしたある先生のご自宅でのホームコンサートで演奏させて頂いてきました。

マイナーな曲もたくさん含まれたプログラムでしたが、皆さん、楽しんで聴いて下さったようでした。
今回のように、クラシックには定番以外にも素敵な曲があることを紹介する機会は必要だし、それを無料のアット・ホームなコンサートとしてお作りになるの素晴らしいことだな、と思いました。

それから!「音楽、最後はやっぱり演奏者のお人柄だな!」とつくづく思いました。私も味のある音楽家に成長できるよう日々を過ごしたいです。


画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


組曲 第5番 byヘンデル

2017/09/10 20:39
ヘンデルに関する記録でお気に入りの一節があります。

ヘンデルが指を意のままに操るさまと華麗な演奏の様子は、並外れたものであった。しかし同じ資質を持っている他の全ての演奏家と異なるのは、目も眩まんばかりの豊かな音、力強さ、エネルギーであり、彼はそれらを技巧と結び合わせてしまうのである。

大きな会場で演奏をさせて頂くようになり、直面したのは「後ろの席まで音が届かない」という事実でした。以来、「ヘンデルのような演奏が出来れば!」と、私も「より強く、より大きく」を目標に頑張っております。(周囲からは「オリンピックにでも出るつもりか?」と突っ込まれつつも・・・・)

さて、そんなヘンデルの組曲の中でも比較的知名度が高いのがこの5番の組曲です。@プレリュード、Aアルマンド、Bクーラント、そしてC《調子のよい鍛冶屋》のニックネームで知られる変奏曲という4曲で構されています。ヘンデルの作品の中では特別に規模の大きいものではありませんが、非常にロマンチックな作品のように感じています。


G.F. ヘンデル:組曲 第5番 HWV430 《調子のよい鍛冶屋付き》
(2017. 9. 9, at home、簡易な録音機で笑)

プレリュード




アルマンド




クーラント




エアと変奏《調子のよい鍛冶屋》




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


練習時間

2017/09/08 17:59
よく「一日どのくらい練習されるのですか?」と聞かれます。
世の音楽家さんたちはどのくらい練習するものなんですかね?私の場合、3時間半くらいがノーマルです。

かつては「練習は一日8時間。最低でも6時間以上は練習しないと!」というアドヴァイスを受け、日々、長時間の練習に耐えていたこともありました。そして、「長時間の練習は自分には合わないのでは?」と思うようになった頃、長く練習しないという選択肢があることを知りました。「アシュケナージは『1日4時間も弾けば十分』と言った」というし、「ホロヴィッツの練習は一日2〜3時間程度だった」というのです。試してみると、短い?練習時間はそれはもう快適で(笑)すっかり病みつきになり、今に至ります。

恐らく、毎日の練習は、音楽に対するひらめきが枯れないうちに終わっておくのが吉!という風に感じています♪


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


寄付という手もある

2017/08/30 07:55
服というものは、どうやら気付くと増えているもののようです(笑)
「これはもう絶対きないよね?」と思いつつ、「まだ着れるので捨てるのはもったいないなあ」と溜め込んだ服。「どうしたものか?」と思っておりましたら、慈善団体に寄付するという手があることを知りました。回収した服を古着屋さんに売却し、国内外での慈善活動に役立ててくれるそうです。
というわけで、私の古着も寄付することにしました。それなりの送料がかかってしまいましたが、ちょっとだけいいことをした気分です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ハープシコード通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる